忍者ブログ

るろうにブログ

since 09/03/21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


cg/at

今日(水曜)も夜中零時くらいにBNet入ってまずcg。やってた人はm o c h i3(aka neko3)、黒船、j e n i f e r3、e l e c o m3、Z3、v a g o3、以前に何度かcgプレイしたr 3 x sang、その相方のj o h a n3、といったメンツでしたね。teamに関しては2v2と3v3をやってたけど、まあ面白い試合も出来て良かったです。俺はプレイングミスとかはイライラすることもあるけどそれは俺の勝手な我が侭だから無視してもらえれば良いけど、滅多にしない指示をシカトされるともう何やっていいか分からないくらいに激昂します^^;;
(ただちょっと近頃は言葉遣い悪すぎw ってことをダチに注意してもらったので今後は気をつけます!確かに最近は自分でも目に余る・・・)

あとはsoloをそれなりにやってて、life 60%〜70%のハンデモードが楽しくてマイブーム(60%では一回も勝ててないけど)だったんだけど「勝ち負けに関わらず相手の為にならないよ」という一理ある助言もらったので100%固定にしました。いや俺もそう思ったんだけど、life減らした相手に負けるという事は小手先のmicroではなく根本的にプレイングが違ってるという事なので、それを浮き彫りにしたかったというのはありますね。
そんでATでは5戦しかしてませんが(うち2 lossはKaOs_QCkScoPEとかって馬鹿共にshare hax喰らった)x i a o x i a o .に5回目くらいのwinが出来た他、1 2 3 w(RTについては32-6と俺に肉薄する戦績のrandomer)とかぼこれたのでreps久々に上げておきます(´ω`) 最近はcgばっかだったなので身内の了解取るのも面倒だしあまり上げていません。面白い試合はあるけどまあ自分でみて楽しんでますw
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

いや了解いらねーだろwたぶんw
そんなの気にするやつわぃないょ!!

無題

> life 60%〜70%のハンデモード → 相手の為にならない

う~ん、他のいろいろな意見があるとは思いますけども、僕個人の感想としては「すごく楽しかった」です。100%固定で僕と真面目に1on1したら、結果は圧倒的に僕がボコボコにされるわけで。

もちろん僕はそれでも十分楽しい(相手が強ければ強いほど嬉しい)んですが、中にはそれだとつまらないと思う人もいるんじゃないでしょうか。

大人が子供とゲームで対戦する時に、大人が本気を出して子供を完全に封殺してしまうよりも、それとなく手を抜いて相手が楽しめる(もしかしたら勝てるかも!という希望を持たせてあげる)レベルにまで落としてあげるっていうのは、僕は一種の気遣いとしてアリなんじゃないかと。

同時に根本的にプレイングが間違っているということも実感できますし。僕が70%でも80%でも勝てるようになってきて、100%じゃないと負ける!というような状態になった時がひとまずのゴール、という目標設定で頑張るのもおもしろいと思います。

ほとんどの人は別にプロを目指しているわけではありません。にも関わらずRTS界には「強くならなければならない」という風潮がちょっと強すぎる感じがします。(排他的な印象を受けます)

もっと子供の頃のようにゲームを純粋に楽しめれば良いなぁ・・・と、おじさんは考えてしまうわけです。

よって次回からlife60%固定を希望します!!www

無題

【一部訂正】
子供の頃のようにゲームを純粋に楽しめれば

子供の頃のようにゲームをいろんな方法で楽しめれば

練習に練習を重ね、ひたすら上を目指し強さを追い求める方法も楽しみの一つ。
初心者の相手にハンディをあげて、相当不利な状態でも勝てるようにプレイするのも楽しみの一つ。
という意味で書いたつもりでしたが、訂正前だと強さを追い求める方法を少し否定する内容に見えたので訂正です。

無題

>h i j i
うーむこれは人それぞれっすね!
ただ自分は結構気にするですが周りは
そうでもないっていう人も多いのかなぁ。。

>v a g o3
おお気持ちの入ったレス、有り難うございます!
そしてフォローしてもらって感謝です。。
個人的にlifeを減らすのは勿論、相手が楽しいと
言うのであれば幸いなのですが、基本的には
「自分のため」(microの練習になる)という感じも
します。
相手の立場になってハンデが練習になるかというと、
たまには良いかも知れないけど、やはり問題点は、
本来なら倒せないはずのunitsが倒せてしまう、
といった感覚に万一慣れてしまうと実戦で逆に
混乱するのではないか・・・という危険はありそうです。
なのでハンデは対戦相手の同意を取ることが前提だし、
自分も積極的にハンデは奨励しませんが、でもそれで
プレイしてもOK、むしろプレイして欲しい、といってもらえるのであれば、対戦相手の希望を単に尊重すれば良いのかなというのが今の意見です。

またRTSの「強くなるためにplayする」という風潮が多いという意見ですが、自分自身も長いのでfor fun(楽しみながら)とto win(勝つためだけに)の中間で中途半端に葛藤しているのが実際です。
最近は、もう日本の競合プレイヤーもあまり居なくなって、自分くらいしか情報(それもさして質は高くないですが)を発信できる人がいないので、また、来年中には引退の可能性もあるので知識を残しておこうという感じでやっております。
ただ、seriousになり過ぎると今日も指摘された通りbadmannerになったりhax積んだりするので、適度なバランス感覚があるに勿論こした事はない。最近は常道以外のstratsは見るのも嫌いで「どうして初級プレイヤーから中級プレイヤーに卒業するのは滅茶苦茶に簡単なのにそうしない人がいるんだろう」とも思ってしまう事もありますが、そうはいっても初級プレイヤーも一応に個々の人格がありますし、またプレイングそのものも探してみれば良い所は必ずいくつかあるので、そういう点にも一年前のように目を向けるようになりたい。

と言い訳がましくなってしまいましたが、自分のスタンスは
(1)for funの人にはfor funの、to winの人にはto winの接し方をする(純粋に楽しみたい、そういう思いのある人は前者)
(2)むしろどんな人とも同じ接し方を編み出す。たとえば反省点は指摘するけど言い方に気を付けるとか
(3)口頭ではoffensiveな言い方を極力まで回避して、毒舌をblogで名指しせずに吐きまくる

このいずれもが、相手の勝率を上げつつ、同時に楽しんでもらうための方法と思うので、少しずつですが出来るように実践をしていきたいと思っております。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[10/03 rurouni]
[10/03 ezo]
[09/21 rurouni]
[09/21 hijikata]
[09/03 rurouni]
(10/12)
rt
(10/10)
(10/09)
(10/09)
(10/08)
HN:
rurouni
性別:
非公開
Copyright ©  -- るろうにブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / -->