忍者ブログ

るろうにブログ

since 09/03/21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


牛歩

RT challengeの進行がまさに牛歩です。昨日はあれから1時間サーチ、今日の午前中は8時に起床して正午過ぎまでサーチしたもののゲーム見つからずw(途中で気付いたら一回discしてましたが) 昼は30分サーチしたのみ。それから18時前にサーチしたら5分で見つかってTEAM 1でしたがn u m b e r t h r e eぼこりました。
ここで突然ですが全員のRT score(試合開始時)からAMMの検証してみます。
RTをやり込んでる人は日本人にも一杯いるから、そういう人はもうやってるかもしれんけど・・・(^^;)
TEAM 1・・・一番手/43-11 (+32) 二番手/111-85 (+26) 三番手/385-377 (+8)
TEAM 2・・・一番手/210-168 (+42, 9th) 二番手/352-324 (+28, 6th) 三番手/276-259 (+17)

RTを大量にプレイしてみて浮かんできた推測:
1 TEAM編成についての推測について
1ー1.TEAM 1はTEAM 2より強い
うーんこれは半信半疑です、30%の確証しかありません。ただATではabusing teamがTEAM 2に来る可能性が有意に高いとよく思ったので、ATに関しては当てはまるのでは? ただ明らかにTEAM 2の方が強いことも稀にあるような・・・要は一般のプレイヤーにとっては推測の域を出ないw

1−2.Loading画面では(もしくは試合中のshare units画面からも確認可)各TEAMの一番上からELLの高い順番でプレイヤーが並ぶ
これは上の数字を見てもらえば分かるように、個人的には80%くらい確信しています。ある一定の時点から自分が一番手以外にならなくなるw
ちなみにnew accでも二番手とかになる事がありますが、公式サイトにも書いてある通り「new accがELL最低値」という訳ではないです。0-0よりも0-2の方が当然内部レートは下がるという事です。
ちなみにATではTEAMごとのプレイヤー並びは完全にアルファベット順です。又、repみたときの「デフォルト視点」と「BGM」はTEAM 1の一番手に準拠します。

1−3.TEAM 1とTEAM 2の合計ELLは等しくない
これも理屈からいえば間違いないと思いますね。両teamのELL合計(合計なんてあるのか)が等しい状態というのは普通は起こらないのでアンフェアでも強引に試合組むはず
という事はやはり一番手同士、二番手同士、三番手同士で似たELL帯のプレイヤーをくっつけて試合作っているのでしょうか・・・? ちなみにATはかなり内部レートに開きがあっても対戦させられますねw

1−4.一番手〜三番手の内部レートはそれほど離れていない
これも程度は不明ですが、ほぼ間違いない点だと言えます。


2 プレイヤーのELL(内部レート)について
2−1.ELLは表記レベルとは何の関係もない
これは一般常識の範囲ですね、1−2.が正しいとするならば、そして恐らく正しいのですが、Lv. 10でもLv. 30より内部レートが高いことはよくあります。(かなり負けないと表記レベルというのは、なかなか下がらない為)

2−2.勝てば上がり、負ければ下がる
これは説明不要・・・というよりも、詳しいことがわからないです。古参の人は知ってるかも知れないけど、自分みたいな新人には情報が伝わってこないっすw 表記レベルみたく、強い相手に勝った時ほど一気に増えるかも知れません。が全く確証はありません

2−3.上昇幅は下降幅より大きい
何をどう考えても2-0 (+2)よりも、200-202 (-2)の方がレート高いことは絶対に間違いないでしょう。ただ増減幅についてはよく分からないので一概には言えません。2−2.で書いたように、相手の強さによって増減幅に変化があってもおかしくないですし。


課題 一番手、二番手、三番手同士の内部レートを比較する
TEAM 1・・・一番手/43-11 (+32) 二番手/111-85 (+26) 三番手/385-377 (+8)
TEAM 2・・・一番手/210-168 (+42, 9th) 二番手/352-324 (+28, 6th) 三番手/276-259 (+17)

一番手は素朴に見るとTEAM 2の方がレート高いのでは? こなしたゲーム数のケタが違うので2−3.が正しいとするならば間違いない。ただし対戦相手の強さ(弱さ)が、レート増減に影響するとするなら、分からない。意表を突いてTEAM 1の方がレート高いという可能性も消えない。
二番手は同じ理屈でいけばTEAM 2の方が強そうだけど確証ない
三番手は、こなしたゲーム数はTEAM 1の方が多いが勝敗数の差(勝ち越し)はTEAM 2の方が大きい。ということは、どちらが強そうかという判断はできませんね。

結局TEAM 1とTEAM 2のどちらが強いのかは、これだけでは何も分からない。
A・・・一番手〜三番手ともにTEAM 2の方が強い(不公平すぎるw)
B・・・一番手、二番手はTEAM 2の方が強くて、そのバランスを取るためにTEAM 1は三番手の方が強い
C・・・それ以外(意表をついて一番手、二番手はTEAM 1の方が強い)
※たまにTEAM 2の方が優遇されていると感じることがありますが、これは気のせい程度なのでここでは考えません。

一番手同士、二番手同士、三番手同士で似たELL帯のプレイヤーをくっつける方式のmatch makeだと仮定すると2つの可能性が出てきます
イ・・・TEAM 1、2の強さをBNetが自動的にバランスさせる(不公平なチームができにくい→B)
ロ・・・TEAM 1、2の強さをBNetは関知しない(不公平なチームができやすい→A)
これも判断材料はないので意見不表明で

次の課題としてはやはり個々のプレイヤーの内部レートに当たりをつけることです。(385-377 (+8)と276-259 (+17)はどちらがレート高いのか? 全く同じscoreでも内部レートが違ってくることもあるのでは?)
それがもし出来れば自ずとTEAMのパワーバランスが見えます。ここで参考にできるのは1−2.の法則だけなので、後はゲームをこなすたびにplayersの戦績を逐一チェックすれば目処が立つかもです。ただ面倒なので実際やるかどうかは未定ですw

- - - - -
19:40分くらいにgame見つかりました。人の少ない時間帯と多い時間帯があるのは分かったけど、なぜ日本時間の夜w
TEAM 1・・・44-11 (+33) 380-362 (+18) 71-48 (+23)
TEAM 2・・・316-283 (+33) 387-378 (+9) 380-363 (+17)
うーんこの並びはどうなのか。。まあ後学のためにメモしてしておきます。TEAM 1はさっき書いたばかりの法則を裏切らないけど、微妙なのはTEAM 2の二番手と三番手。winsは7、勝ち越し数は8の開きがあるけど、二番手の方が内部レート高いのだろうか。二番手、三番手はかなり数字が近いから同ELL帯か? 一番手は勝ち越し数が同値なので、2−3.を踏まえるとTEAM 2の方が内部レートは高いはず
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[10/03 rurouni]
[10/03 ezo]
[09/21 rurouni]
[09/21 hijikata]
[09/03 rurouni]
(10/12)
rt
(10/10)
(10/09)
(10/09)
(10/08)
HN:
rurouni
性別:
非公開
Copyright ©  -- るろうにブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / -->