忍者ブログ

るろうにブログ

since 09/03/21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大会

昨日はWar3 JapanCup(祝復活)という事で久々に参戦してきました。結果は運が良かった上での優勝でした。調子良かったですし、上位プレイヤーが同じよそのブロックに集中していたからです。今回、嬉しかったのは参加者の多さでした。まだWar3をプレイしている人が沢山いてテンション上がりました。また運営・ホスト方の助力にも感謝しています。大会自体はIRC導入だけで手軽に参加できるし、何より面白いので次回以降も機会あったら出てみてください!
以下、各対戦の内容を簡単に振り返っておきます。
1回戦 vs NE on TRock
fast dk(ハラス重視)を選びました。隣同士のspawnでしたがスカウトミスで見えていませんでした。対戦相手の選択したビルドはグールラッシュ対策に有効なマスアーチャーでした。こちらフィーンドの数が少なくて焦ってしまいましたが、ロッドとアイスタワーのおかげで何とか返すことができました。アーチャーは数がいても相手陣地をゴリ押しできないタイプのユニットなので(状況によっては出来るかも知れませんが)グールの大軍が攻めて来たりといった理由が特になければレギュラーのアップグレードでも大丈夫だと思います。

2回戦 vs NE on EI
これもfast dkをしました。セオリーでは恐らくグールなのですが、扱いが苦手なので今大会はフィーンドだけでした。対戦相手の選択はスムーズなクリーピングからAoL(熊・ドライ)につなげる一般的ビルド。冒頭、DKがハラスに行く意味合いはDH(またはワーデン)のクリープを遅らせることが普通です。しかしグールが居ないとあまり被害を与えられないです。最低限、経験値に差が付いてしまうことだけは抑えることができましたが・・・。相手の熊が揃い切るまえに戦えた事が、非常に良かったです。

3回戦 vs HM on TM
これは前にblogに書いたようにカスタムゲームで練習していたのが良かったです。expoに向かわれるのが嫌なので昔はグールを使っていて、それで勝てた事もあるのですが、プロリプではフィーンドの選択が大半でした。その理由としては、この試合のように、相手がexpoせずにT3に上がってしまった場合グールだとナイトとサンダークラップに押し負けるからと予想します。fast dkからフィーンドを出し、もし相手がexpoするようなら2ndにNagaを取ってプッシュするビルドではオーブと3rdヒーロー(DRもしくはDL)への到達も早いしフィーンドが5くらいはいるので、相手が即T3のケースでもナイトとパラディンの出る時間帯に対応出来ます。

4回戦 vs ORC on TS
これも前にblogに書いたように、ダチに4連敗したことのあるマッチアップなので色々と改善をしました。プロの試合では、TSにおいてはORC有利とされます(これはORCプロプレイヤーの発言です)。その理由はあまりにもクリープジャックが容易なことだと思います。ブリッジにピオンを置いておくと、相手がどこに行ったのかが自明になります。UDはクリープできずDKのHP/マナがほぼなくなった時点で厳しいのですが、これを引っ繰り返せるのがTowerRushです。TRは1stリッチで即やるパターン、2ndリッチでやるパターンなどがありますが、ORCでこれらに対処するのはスキルが必要になります。そのためザコいと言われるUDであってもTRをしてしまえば断然にUD有利だと思います。
今回はTeDのリプレイで学んだことを活かしました。late upgrade(T1を長引かせる)からフロストアーマーを覚えた2ndリッチの登場と同時に相手陣地を攻めるパターン(本来は相手陣地に沼地を作ってzigを建てます)で押せました。もっとも、伐採のミスで封鎖が解けてしまった事、後から気付いたけどアコライトが一匹足りなかった事、などglitchにも程があります。
なお、ダチのORCは当該TRに対する対策を編み出し、俺は2連続で惨敗しています。といっても俺が勝てるようになるまで自分の口からは書かないでおきますね(滝汗)ヒントはlate upgradeの長所ではなく短所を考えると明らかになります(全てのビルドオーダーは何かを得る代わりに何かを捨てている)。そしてBM/SH以外のヒーローコンボも十分に検討に値すると思います。

5回戦
-1試合目 vs NE on SV
fast DKビルドを選びましたがfailでした。実は以前CGやった時に、DKが相手のAoWクリープに間に合わないことは分かっていたのですが・・・。やっぱりNE相手はグールが良いのでしょう。(ガーゴイルにつなげるイメージでしたが、最近はどうも2nd Nagaにしてプッシュかけるのも有るみたいです)今回はクリーピングでは酷いほどの差は付いていないと考え、T3オーブを早めにして野戦を仕掛けるつもりでした。クリープジャックを追い返したと見て調子に乗ってしまい、攻めようか迷いながらアイテムギブしている所に、相手の手痛い反撃が来て、DKのマナもTPもなくて全滅でした。当たり前ですが3rd Nagaは自殺点です。でも、自分と相手の差が2:8とか3:7ではなく4:6だと思ったので、次戦から得意なstratに変えました。

-2試合目 vs NE on EI
対戦相手のmap kickはTRockでした。チームではUD向きといえなくもない数少ないマップですがソロでは未知数です。自分はフィーンドだとexpoを止められないと思って狭いEIをピックしました。ゲーム開始してもまだ迷っていましたが結局late dk(クリーピング重視)のビルドを選びました。理由の1つは、負けると思っていたので、せめて使い慣れた(チームゲームとほとんど同じ)ビルドを試したいと思ったからです。もう1つは1戦目で相手がマップコントロールを押さえに来ていたので(UDをハラスするか、UD陣地付近でのクリープ)それならクリープ速度もあまり変わらないと判断したからです。実際、ギリギリでLv3に到達できていましたし。T3になってCLが出たと同時に、迷ったけどヒットしました(3グールのうち2を前線に持っていって、アイテムも買えるだけ購入)。DKを失ったりもしましたが危うく押せました。対戦相手は杖の使い方、rejuv、マナバーンなどをコンスタントに起動してマイクロでダメージを上手く分散していました。こちらは意識していたのはマルチタスクでした。資源を余らせない、ユニットの生産を止めない、という一点だけを考えていてマイクロの余裕がなかった(そもそもマナが無いのですが)。でもこれ以上、少しでも生産が遅れていたら消耗して負けていた筈です。

-3試合目 vs NE on TS
こちらのmap kickはMVでした。MVだけは何やっていいか分からないし、絶対に嫌でした。結果、ピックされたのはTSです。expoは警戒していたのですが、どうやら熊ビルドではあまり取らないのが一般的なのでしょうか。今回はクリーピング速度でも互いにあまり差が付いていなかった、つまり本来はクリープの遅いであろうUDには悪くない展開だと考えたので、2試合目と同じで3rdヒーローと一緒に2グールズ持ってきて(弱いけどお守り代わり)プッシュしました。フロストアーマーはオートキャストでした(スケルトンにもかかっていた)。3rdヒーローは本当は中立の方が良かったですが、NE相手は何が有効か知らないので、可もなく不可もないCLにしました。ヒューマン相手はDR、オーク相手はPL・ティンカー・DR、アンデッド相手はDRという基準は決まっていますが・・・。全体として、恐らくワーデン相手にフィーンドは厳しいと思いました(ワーデンなら3rdはDRかDLにするかな)。DHも硬くて嫌らしいのですが、ダチに1戦目終わったあとでアドバイスもらって、マナポットを買うのを思い出したら気が楽になりました。

<総評>
自分はソロはチームの1/100も回数はしていないので、ソロならではのハラス戦術に負ける時は、潔く負けるつもりでした。対策を前日に考えていたのは、vs UDくらいでしょうか。リッチ+グールの序盤のハラス性能には、フィーンドで立ち向かうのは無謀ですし、ガーゴイルも辛い。でも自分のみたプロリプレイでは常に骨をどこかに動かして相手のリッチをlocateしてアコライトが1体も死んでいなかったので、それを真似しようとは思っていました。
今回大会は、ソロにおいてUDが非常にやりづらい一因である「金鉱」を直接に狙われることが少なく、それが安定した結果に結びついたと思っています。フットマン、パラディン(やりすぎ?)、FS、リッチ、グール、ゴブリンサッパー、ツェペリン、といった露骨な手段での金鉱ハラスには、全く対策を打てるものではないので(全軍で攻めてトレードオフは狙いますが)自分がソロをやれない大きな理由の一つです。
しかし、通常のfightだけなら、やることはチームとそれほど変わらないのも正直な所です。だから自分もソロ初心者という言い訳は立ちません。なので今回は、純粋なチームプレイヤーとしての自分が参戦して、ソロというフォーマットで、ある程度までのプレイが出来たのが、最も誇らしかったです。ソロだけをプレイするという人には分からないチームプレイヤーの強さ(日本最高のプレイヤーにはチーム出身者も多い)と、チームゲームの競技性(チームを競技と認知していない「食わず嫌い馬鹿」が多くて困る)を、これをきっかけに少しでも知ってもらえますと幸いです。(ソロとチームのどちらが上と言う話ではなく、あくまで同格だと言いたいだけっす。付記するとソロではソリスト、チームではチームゲーマーの方が有利であろうが、その「程度」は不明です。ソロと2v2で共通するスキルはどの程度なのか分からないからです。25%?50%?それとも75%まで同じ?)
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

午前中に俺との決闘がここに来て生きたんですね・・・

無題

昼間にATやったのが良い練習になりましたw
<<AT  | HOME |  AT>>
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
[10/03 rurouni]
[10/03 ezo]
[09/21 rurouni]
[09/21 hijikata]
[09/03 rurouni]
(10/12)
rt
(10/10)
(10/09)
(10/09)
(10/08)
HN:
rurouni
性別:
非公開
Copyright ©  -- るろうにブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / -->